【赤潮とは】発生の原因と被害、釣り師が避けるべき理由を解説

用語
この記事は約4分で読めます。

海の表面が赤くなっているのを見たことがありますか?

この状態の海のことを「赤潮」といい、水産業や釣り好きな人にとって大きな影響を与える現象です。

本記事では、この赤潮について解説していきます。

スポンサーリンク

赤潮とは

赤潮とは、海や川などでプランクトン(主に植物性プランクトン)が急激に増殖した時に起こる変色のことを指します。

何色に変色するかはプランクトンの種類によりますが、頻繁に発生しやすいのが赤色やピンク色への変色です。

また、川や湖などの淡水で発生することもありますが、主に海水のなかでも陸地に近い内湾などで発生することが多いです。

赤潮は別名「厄水」「苦潮」「腐潮」とも呼ばれ、漢字の通り良い意味の漢字が使用されていません。

その理由は後述しますが、赤潮の発生による被害は大きいので、これらの別名は妥当といえます。

発生の原因

赤潮の発生は主に汚水が原因となっており、工場排水などの公害から生まれることが多いです。

赤潮は発生しなくても、水中にはプランクトンは生息しており、分裂を繰り返しています。

ですが水質汚濁が進んだ水中には、プランクトンがエサとしている栄養塩類(りんや窒素など)が多く含まれているため、プランクトンにとっての栄養が豊富な状態です。

この栄養塩類を食べたプランクトンが一気に増殖することによって、海面がプランクトンの色に変化し赤潮となります

特に1950年代から1970年代にかけての高度経済成長期に、日本各地で赤潮の発生件数が急増しました。

これは工場からの排水が川や海に流れ出たことが原因だったため、政府は排水に対する規制を強める「水質汚濁防止法」を制定。これ以降、赤潮の発生件数は減少傾向に入り、現在はピーク時の3分の1程度にまで減少させることができたといわれています。

赤潮発生による被害

赤潮は、水中に住む魚に被害を及ぼします。

エラの機能障害を起こす

赤潮内にはプランクトンが大量に生息しています。

そのプランクトンが同じ水域を泳ぐ魚のエラに進入することで機能障害を起こしてしまい、魚が死んでしまうことがあります。

酸素不足となる

プランクトンも呼吸をするため、赤潮が発生している水中では通常よりも酸素が不足します。

加えて、死んだプランクトンは海底へ沈降すると、分解過程で酸素を必要とし水底の酸素が欠乏します。

一方で、魚も生物なので酸素を必要としています。

しかし赤潮が発生している水域ではプランクトンが酸素を使用するので、魚に必要な酸素が不足し酸欠で死んでしまいます。

養殖に与える影響

特に赤潮は内湾で発生することが多いですが、内湾は養殖場として利用されていることが多いです。

そのため養殖場がある内湾で赤潮が発生すると、いけす内の魚がプランクトンの影響で死んでしまいます。

赤潮による魚への被害は、日本の養殖産業に与える損害も大きいのです。

釣り師が赤潮を避けた方がいい理由

赤潮になっている海は釣りをする際はできるだけ避けることをおすすめします。その理由を2点、紹介します。

釣果が期待できない

先述した通り、赤潮では魚が絶命することがあります。そのため、狙いたい魚が死んでしまっていなくなっている可能性があります

また、酸素が少ないことに気が付いた魚は酸素が多い場所に移動することもあるため、赤潮周辺には魚の数が比較的少ないです。

これらの理由から赤潮では釣れないことが多くなるので、できるだけ赤潮での釣りは避けるようにしましょう。

有害な魚が釣れてしまう

赤潮内にいるプランクトンは人間にとって有害な個体もいます。

そして、そこから捕れた魚にもプランクトンが付着している可能性や体内に取り込んでいる可能性もあるので危険を伴います。

また、プランクトンは貝にも影響を与え、毒に侵された貝をエサとして捕食してしまった魚が釣れる可能性もあります。

どういう経路で害を持つプランクトンを口に含むか分からないので、できれば赤潮で釣れた魚は食べない方がいいでしょう。

また、赤潮が発生する海はそもそもきれいな海でないことがほとんどなので、そういった点でも赤潮で釣れる魚は避けることをおすすめします。

 

ざっくりポイント
・赤潮とは、海や川などでプランクトン(主に植物性プランクトン)が急激に増殖した時に起こる変色のこと
・赤潮の発生原因は、主に工場排水からなる汚水
・赤潮は①エラの機能障害を起こす ②水中の酸素が不足する の二点から魚を絶命させることがある
・内湾で飼育している養殖魚を死に至らせることもあり、養殖産業にとって赤潮は大きな問題である
・釣り師は赤潮が発生している海や川での釣りはできるだけ避ける
タイトルとURLをコピーしました