【ハリセンボンの針の謎】数は合計千本あるのか?針に毒はあるのか?

雑学
この記事は約2分で読めます。

ハリセンボンといえば、丸く膨らんだ時に出てくる針が特徴的です。

この針に関して、ハリセンボンという名前の通り合計千本あるのでしょうか?

そして、針には毒があるのでしょうか?

気になる方も多いと思いますので、本記事ではこちらを紹介致します。

スポンサーリンク

ハリセンボンの針の数

ハリセンボンは漢字で書くと、文字通り「針千本」と表記されます。

しかし、実はハリセンボンは350本~400本しか針を持っていません

なので文字通り針を千本集めるには、ハリセンボンを3匹ほど集める必要があるということになります。

したがってハリセンボンには、名前の通り針が千本あるというわけではありません。

ハリセンボンが針を立たせる仕組みと理由

ハリセンボンの針が立つのは丸く膨らんだ時だけで、それ以外は体に沿って寝かせています。

丸く膨らむのは外敵への威嚇が目的とされており、水を大量に飲み込むことで体を大きくします。

そして丸く膨らんだ時に皮膚がピンと張ることで、針の根元が引っ張られて鋭く立たせています

外敵からすると針をまとった魚を食べるのはリスクが大きく、かつ急に体が大きくなることで驚かせ、捕食対象から外させる効果があります。

ですが、残念ながら人間からすると「かわいい」と思えてしまうので、人間相手では威嚇の効力は発揮できないみたいです。

ハリセンボンの針には毒があるのか?

結論から言うと、ハリセンボンの針には毒がなく、刺さると少し痛いだけで死に至る危険性はありません。

したがって、膨らんだ状態で外敵に丸飲みされることも多く、飲み込まれてしまうと針は何の意味も持たなくなってしまいます。

ハリセンボンの針は、あくまで「鋭さ」という利点を活かした武器ということになります。

飼育用として人気の高いハリセンボン

ここまでで分かる通り、ハリセンボンは針が多少危険なこと以外は安全な魚です。

なのでハリセンボンは飼育用としても人気が高く、水族館だけではなく一般のご家庭でも飼われることが多いです。

水槽の中では外敵の脅威がないため膨らむことは少ないですが、通常の状態でも十分可愛いので飼育してみてはいかがでしょうか。

 

ざっくりポイント
・ハリセンボンの針は350本~400本ほどで、1000本も持っていない
・丸く膨らむ時に皮膚が張り、それに伴い針の根元が引っ張られることで鋭く立たせている
・針には毒はない
タイトルとURLをコピーしました