【ネギトロの語源】野菜の”ネギ”とマグロの”トロ”は関係ないって本当?

雑学
この記事は約3分で読めます。

どんぶりや寿司ネタで人気があるネギトロ。

細かくたたいたマグロの身にネギが乗っていて、口に入れた瞬間に溶ける食感が好きな方も多いですよね。

このネギトロですが、野菜の「ネギ」とマグロの「トロ」が語源と思っている人が多いですが、実はそれは間違っていることをご存知でしょうか?

本記事では、勘違いしがちなネギトロの語源を解説していきます。

スポンサーリンク

広辞苑に記載されている「ねぎとろ」

広辞苑には、『マグロのとろを叩いて刻み葱とまぜあわせたもの。鮨や丼の具とする。』と記載されており、漢字も「葱とろ」として載っています。

「じゃあ、みんなが思っているネギトロの語源で合ってるじゃん」

いえ、広辞苑に記載されているのはあくまで料理の概要なので、由来とは少し違います。

もう少し掘り下げてみましょう。

ネギトロの語源

ネギトロの語源は「諸説ある」が正確な回答になりますが、魚を扱う業界でよく知られている説として認識されているものがあります。

それは、骨の周辺に付いた身を削り取ることを「ねぎ取る」といい、ここから派生して「ネギトロ」という言葉が生まれたというもの。

もともと「ねぎ取る」は住宅建築用語の「根切り」から来ており、これは住宅を建築する際に地面を削って掘ることを指します。

ここから、「根切り→ねぎ取る→ネギトロ」と言葉が変わっていったとされています。

ネギトロは「トロ」と「ネギ」が使用されていなくても問題ない

語源がトロと葱ではないことが分かったところで、ネギトロの定義とは何なのかを解説します。

ネギトロは骨に付いた身を削り取った「中落ち」と呼ばれる部分で作る場合が多いため、そこがトロの場合もあれば赤身の場合もあります。

なので、ネギトロはトロ部分を使用しないといけない、ということではありません。

また、鮮魚店やスーパーではネギが入っていないネギトロもよく見かけますよね。

一般的には葱が入っていた方がネギトロって感じはしますが、こちらも特に問題はありません。

なぜなら、語源が骨に付いた身をねぎ取って作ったものであればネギトロの定義を満たしているからです。

したがって、トロやネギを使用しなくてもネギトロと言ってもいいのです。

その他の「トロ」が付く魚料理の語源

他にも、魚料理には「トロ」が付くものが存在します。例えば、トロたくです。

トロたくは、マグロのとろにたくあんを混ぜた寿司であるため、語源は料理名の通り「マグロのトロ」と「たくあん」です。

このように、ネギトロ以外の語源は「マグロのトロ」であることが多いです。

なんとも紛らしいですね。

 

ざっくりポイント
・ネギトロの語源は野菜の「ネギ」とマグロの「トロ」ではない
・骨の周辺に付いた身を削り取ることを「ねぎ取る」といい、これが語源と言われている
・葱やトロが使用されていなくても、骨の周辺からねぎ取った身を使用していればネギトロ
タイトルとURLをコピーしました