【魚の名産地】サバといえば大分県佐賀関!関サバの刺身は絶品です!

佐賀関・豊予海峡 魚の名産地
この記事は約4分で読めます。

魚は有名な産地で食べるのが一番美味しいと感じたことはありませんか?

なぜそう感じるかというと、

・水揚げされたばかりの新鮮な魚が食べられるから
・「本場で食べている」という雰囲気によってより美味しく感じるから
・その地域の人々の舌は肥えており、美味しくない店や食べ方は淘汰されていくから

の三点が理由だと思います。

そこで、当サイトを通してぜひみなさんに一番美味しい場所で魚を食べていただきたい。

こういう想いから始めた、日本の魚の名産地を紹介するシリーズ。

今回は、青魚の代表格「サバ」を紹介します。

スポンサーリンク

サバといえば大分県佐賀関!

サバ

サバの筆頭名産地といえば、大分県大分市の東部に位置する佐賀関です。

佐賀関は海産物が豊富な豊後水道に突き出ている「佐賀関半島」の先端の町。様々な魚介類が美味しいことでも知られています。

その中でも佐賀関のサバは全国屈指の知名度を誇り、日本中からその味を求めて現地に訪れる人がいるほど。

豊富な資源に恵まれながらサバのブランド構築に成功し、大分県佐賀関はサバの名産地としての地位を確立していきました。

なぜ佐賀関のサバは美味しいのか?

ですが、なぜ佐賀関のサバが他の地域よりも美味しいと言われるのでしょうか。

それは佐賀関が面している海域が最も大きな要因です。

佐賀関は豊後水道の中の「豊予海峡」に面しています。この海峡は瀬戸内海と太平洋の海が混ざり合う潮流の速い水域なので、魚の身は引き締まった状態に育ちます。

さらに、豊後水道はプランクトンなどのエサが豊富な海峡の恩恵も受けており、たくさんエサを食べて育つので脂のノった魚が育ちます。

このように豊後水道は美味しい魚が育つ条件が揃っているので、サバを始めとした魚介類が美味しく育つのです。

ブランド紹介「関サバ」

関サバ

佐賀関で捕れたサバの中でも、ある一定の基準を満たしたサバは「関サバ」という名前でブランド化されています。

その基準が、「大分県漁業協同組合(佐賀関支店)認定の漁師によって、佐賀関の沖合(豊後水道)で一本釣りされたサバ」であること。

サバは巻き網漁など、網で大量に漁獲することが一般的であるのに対して、関サバは一匹一匹を一本釣りで釣りあげます。これにより、サバを傷付けることなく健康な状態のまま水揚げすることが可能になります。

また、漁師が全てのサバを活け締めしていることも大きな特徴。これにより新鮮な状態を保ち、味を落とさずに美味しいまま食べることができます。

このようにただでさえ通常よりも美味しいといわれる豊かな海域で育ったサバを、さらに厳格に管理したものを「関サバ」として扱うので、全国トップクラスの高品質となります。

高級ブランドなので価格は高くなりますが、それでも食べる価値は高いのが「関サバ」です。

おすすめの関サバの食べ方

ここからは関サバならではのおすすめの食べ方をご紹介していきます。

刺身(姿造り)

関サバの姿造り

サバは魚の中でも傷みが早く、刺身で食べることが困難です。

ですがそれは一般的なサバに限ってのこと。関サバは一本釣りで漁獲するうえに厳重な管理をされているので、刺身の質が格段に高いです。

関サバの刺身は他の魚と比較しても勝ると言われるほど味が良く、関サバを食べるなら刺身は外せません。

さらに関サバの姿造りも名物のひとつなので、高価格にはなりますが最大限関サバを楽しむためには最適です。

大分名物のカボスと合わせてみるのも、粋な楽しみ方ではないでしょうか。

関サバ寿司

関サバ寿司

やはり美味しい魚は寿司でも食べたいですよね。もちろん関サバの寿司も絶品です。

佐賀関には関サバ寿司を提供している店が複数あります。サバの寿司は現地でしかなかなか味わえないので、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

おすすめの時期

佐賀関を訪れるなら、関サバが最も美味しい旬の時期をおすすめします。

関サバの旬は、水温が下がり始める10月下旬から水温が高くなる3月までの寒い時期です。この期間の関サバは身がとても引き締まっており、かつ豊富に脂がのります。

さらに毎年3月中頃には、佐賀関で「関あじ関さば祭り」が開催されています。関サバはもちろん、関アジやクロメなどその他の特産物も販売しているので、人気が高いイベントです。

関サバを食べるのであれば、まずは旬の時期である10月~3月を狙い、タイミングがあえば「関あじ関さば祭り」が開催される時期を狙うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました