【ヒラメとカレイの確実な見分け方】左向き右向きではなく「口」を見よう

ヒラメとカレイの違い 雑学
この記事は約4分で読めます。

ヒラメとカレイの見分け方で有名なのは、それぞれどちらを向いているかです。

しかし「向き」で見分ける方法は、100%確実ではないことをご存知でしょうか。

そこで本記事では、そんなヒラメとカレイの確実な見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

左向き・右向きで判断する見分け方

ヒラメとカレイの向き

ヒラメとカレイはどちらも茶色い見た目・薄い体をしており、見た目はほとんど同じです。

ですが一点、誰が見ても分かる大きな違いがあります。それが「どちらを向いているか」です。

表向き(茶色側が上)で置いた場合、ヒラメは体の左側に目があり左を向いています

対して、カレイは体の右側に目があり右を向いています

覚え方としては、左向きがヒラメ・右向きがカレイということで「左ヒラメに右カレイ」と頭に入れると、語呂もよく簡単に記憶することができます。

また覚えるコツとしては、「ひだり」と「ひらめ」で1文字目がどちらも「ひ」であることもおさえておくと、どっちがどっちか分からなくなることもありません。

「左ヒラメに右カレイ」には例外が存在する

このように目の向きは簡単にヒラメとカレイを見分けることができるので、基本的には問題ありません。

しかし厄介なことに、この見分け方には例外が存在します。それが「ヌマガレイ」です。

ヌマガレイはカレイ目・カレイ科に分類されるカレイの一種ですが、体の左側に目があります

つまり、カレイなのにヒラメと同じく左向きということです。

このように「左ヒラメに右カレイ」にはヌマガレイのように例外が存在するため、完ぺきな見分け方とは言い難いということになります。

もし、自信満々に「左側に目が付いているからヒラメだよ」と言って、それがヌマガレイだった場合恥ずかしい思いをしてしまうので注意が必要です。

確実なヒラメとカレイの見分け方

ヒラメとカレイの口

そこで、例外が存在しない確実なヒラメとカレイの見分け方を紹介します。それが「口の形」で判断する見分け方です。

ヒラメとカレイは捕食対象が違うことによって、口の形が大きく異なります。

ヒラメはアジやイワシなどの小魚を捕食するフィッシュイーターであるため、口は比較的大きく、かつ鋭利な歯をしています。

対して、カレイは主に虫やエビなどを捕食する魚であるため、大きな口や鋭利な歯は不要です。したがって、カレイの口はおちょぼ口のように小さく、歯も鋭利な形状ではありません

この口の形はそれぞれの生態の違いに起因するものであるため例外はなく、どのヒラメとカレイにも通用します。

なので「口の形」で見分ける方法を習得すると、確実に間違えることなくヒラメかカレイかを判断できるようになるのです。

とても便利な判断軸なので、ヒラメは大きい口と鋭利な歯、カレイは小さい口(おちょぼ口)と覚えておきましょう。

「基本的には目の位置で判断」で大丈夫

ヌマガレイが目の向きで判断できないため、ヒラメとカレイを確実に見分けるには口の形を見る必要があります。

しかし、ヌマガレイはカレイの中でも珍しい種なので、市場に出て流通することが多くありません

そのため、基本的には目の向きで判断する方法で問題はないので、慣れるまでは「左ヒラメに右カレイ」で見分けていいかと思います。

ですが例外があるということは常に念頭に置きながら、徐々に「目の向き」に加えて「口の形」でも判断できるようになることをおすすめします。

ヒラメやカレイは魚の中でも特に見分けの難易度が高いので、本記事を参考に判断できるように練習してみてはいかがでしょうか。

※見分け方以外のヒラメとカレイの違いについては、「【ヒラメとカレイの違い】見分け方・味・おすすめの食べ方を解説!」で詳細に解説しているので、ぜひご覧ください。

 

ざっくりポイント
・表向きで置いた場合、ヒラメは左を向いているがカレイは右を向いている
・目の向きで判断するのは「左ヒラメに右カレイ」で覚えやすいが、ヌマガレイという例外が存在する
・確実な見分け方は口の形で判断すること
・ヒラメの口は比較的大きく、かつ鋭利な歯である
・カレイの口はおちょぼ口のように小さく、歯も鋭利な形状ではない
タイトルとURLをコピーしました