【青魚の戦略】背中は青く、お腹は白い魚が多い理由とは

雑学
この記事は約3分で読めます。

赤色の魚といえばタイやホウボウ。茶色の魚といえばカレイやヒラメ。

では、「青色の魚といえば」という質問には、アジ・サバを始めとしてたくさんの魚の名前が挙がります。魚に色を付ける際にも青色を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

なぜ魚は、体が青色であることが多いのでしょうか。本記事では、こちらの理由を解説します。

魚が生き残るための生存戦略が見えてくるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

背中が青色、お腹が白色の魚の総称

一般的に背中が青色の魚のことを「青魚」といいます。そして、青魚はお腹の色は決まって白色となっています。

青魚で有名なのはアジ・サバ・サンマ・イワシなどの大衆魚で、一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

他にも、マグロやカツオ、ブリなどの大型回遊魚も同系色の体をしています。多少の色の違いはありますが、基本的には青系統色と白色で構成されています。

なぜ「背中=青/お腹=白」なのか

青魚が「背中=青/お腹=白」である理由は、外敵から身を守るための保護色といわれています。加えて、それぞれの色分けにもちゃんと意味があります。

背中が青色の理由は、鳥に食べられないように身を守るための保護色です。基本的に海は青色なので、空中から魚を狙う鳥から見ても青色です。そこで、鳥から見える背中(空中側)を青系統の色にすることで、海の中で目立たないようにしているということになります。

対して、お腹が白色の理由は、海中の生物に襲われないように身を守るための保護色です。海中から空を見上げると、太陽が差し込むことで白に近い色で見えます。そのため、青魚を捕食する魚が見上げた時に、お腹の色が太陽光に同化して目立たなくなるようにしています。

この色分けが逆であれば、かえって目立つことになりますよね。ですが、色分けが身を隠すための保護色としてきちんと機能していることは、生きていくための進化のたまものです。

保護色は弱者の生存戦略

保護色をして外敵から身を守るのは虫や鳥だけではなく、魚も同じ。

アジやイワシなどの小型の青魚は魚の中でも弱者に分類される魚種であるため、少しでも自身を守るために進化の過程で青色と白色になっていきました。

さらに、青魚は海面に近い表層部を泳いでいる魚が多いため、今回紹介した保護色が効力を発揮しやすくなります。

ですが、鳥は騙せても人間を騙すのは困難。昨今は魚群探知機という人間の目に頼らずに魚を見つけることができるシステムを人類は創り上げたので、残念ながら青魚の保護色は人間には効果はありません。

もしかすると魚の一番の天敵は、鳥や捕食してくる魚ではなく人間なのかもしれません。

 

ざっくりポイント
・背中が青、お腹が白の理由は生存戦略のための保護色
・背中が青色の理由は、空中から海を見た時の色に同化させるため
・お腹が白色の理由、水中から見上げた時に太陽光に同化させるため
タイトルとURLをコピーしました